あなたの身近でも起こり得る!?賃貸物件のトラブル3選

最も多い隣人とのトラブル

賃貸物件はマンションであれアパートであれ、全くあかの他人と隣同士で生活する訳ですから、お互いの無理解や誤解、習慣の違いによるトラブルは頻繁に起こり得ると覚悟すべきかもしれません。特に騒音に関する隣人とのトラブルは頻繁に発生し、最悪裁判沙汰にまで発展するケースも知られています。オーナーの仲介も視野に入れながら、出来れば円満かつお互い納得出来る形で解決に持って行きたいところです。また事前にこうしたリスクを排除する為、入居後に部屋の防音施工やアイテムの導入を行う人もいます。

入居後に契約内容の相違が発覚する

家賃や敷金・礼金に関する契約後の相違や知らなかったルールの発覚等、主にオーナーサイドとのトラブルも結構頻繁に起こり得るものです。特に物件に予め設置されている水道・ガス等ライフラインの故障に関する責任問題は重大です。入居後特に何も弄っていないにも拘らずいきなりこれらの装置が故障したものの、その責任を全て入居者側が負わされ莫大な修理費を払わざるを得なかった、といった例があります。こういったトラブルが起こらない様、物件の見学の際は確実に部屋内の装置のチェックを完了させておきたいところです。

ペット飼育に関する確認は入念に

賃貸物件によってはペット飼育を相談可としているケースが多々見られます。オーナーに承諾を得ればペット飼育が可能という意味ですが、それに関する事前連絡や意思疎通が出来ていないと、入居者側が無断でペットを飼育していたとオーナーに勘違いされ、トラブルに発展するケースも中にはあります。ペット飼育に関する承諾に関しては口頭だけでなく書面でやり取りする等、お互いの勘違いを防ぐ慎重な段取りを採る必要があるでしょう。

札幌市白石区の賃貸マンションは、駅からも近いので、通勤や通学が便利になり、時間を有効的に使えるようになります。