注文住宅を建てる際に気を付けたい土地選びについて

地盤の強度が高いかどうか

注文住宅を建てる際には、土地選びがとても重要なファクターになりますよね。まずはどんなに建物が頑強でカッコ良くても家が建つ地盤の強度が確保されていないと意味がありません。住宅土地選びにおいては、まずは候補となる土地の強度をしっかりチェックして、もしも強度が不足していた場合は、適切な構造設計を行い、地盤補強工事をしてもらうようにしなければなりません。山手に近い場所は岩盤が多く、地盤強度が高い傾向にあり、昔に田畑が多く立地していたエリアは軟弱地盤が多いので、十分に注意して土地を探すようにしましょう。

災害リスクがあるかどうか

土地選びにおいては、あらゆる災害を想定して選ぶことがポイントになります。台風による被害や河川の氾濫で洪水被害に遭うケース、地震による津波が発生するリスクなどを想定してなるべく災害リスクが少ないエリアを選ぶようにしなければなりません。最近は防災に関する情報が整備されてきており、地方自治体のホームページなどでハザードマップが閲覧できるようになっています。こうした情報をうまく活用して、安全に生活できる土地を探すようにしましょう。

立地条件が整っているかどうか

注文住宅は一戸建て住宅となりますので、長期的にみると建物の価値はほとんど見込めない状況になります。資産的な価値で判断する場合は、その土地の立地条件の良さがキーポイントになりますので、資産価値を考慮するならなるべく立地条件の良い土地を選ぶようにしましょう。駅からの距離や周辺の環境、眺望や治安などもその土地の良し悪しを決める重要なポイントになりますので、トータルバランスが取れた土地をなるべく選ぶようにすることが重要になりますよ。

分譲住宅は出来上がった家を購入するものですが、注文住宅とは、更地に一から家を建てていくものです。その為予算や希望に応じて間取りや大きさ等自由に決める事ができます。